キャッシングって何?

最近お金を借りる際にキャッシングという言葉をよく耳にするようになってきましたが、キャッシングというのはどういう意味なのでしょうか。
Cashingという英語を直訳すると現金や現金化という単語が出てきます。
そこから転じて日本では金融機関などから個人単位で小口の融資を受けるという意味で使われるようになりました。
よく混同されるものにクレジットカードがあります。
基本的なクレジットカードの役割は商品を買う際に購入者がその場で現金を支払う代わりに、カード会社が仲介をして支払いを済ませてくれるというものです。
そして、その後に購入者がカード会社に立て替えてもらった代金を支払います。
一方キャッシングというのは買い物の代金を立て替えてもらう訳ではなく、直接現金を借り入れるサービスです。
また、キャッシングは他の融資やローンと違い、担保や保証人が必要ないことが多いです。
その分金利が他の融資などよりも高く設定されています。
最近では金融機関などから直接借りるものの他にクレジットカードを利用したキャッシングもあり、その種類も多岐にわたります。

キャッシングでお金を借りるのは難しいの?

今まではキャッシングのことについて基礎知識や知っておくと便利なこと、知っておかなければいけないことを中心に説明してきました。しかし、いくらキャッシングの知識や勉強をしていても、キャッシングをしなければ意味がありませんよね?そして、今までのキャッシングに関することについて、難しいのかな?本当に自分1人でキャッシングできるのかなと不安や疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。では実際のところはどうなのでしょうか?
答えを申し上げますと、キャッシングに関しては難しいことはありません。基本的に20歳以上で収入のある方なら誰でも可能なのです。ただし、キャッシングできる限度額は、国の法律によって年収の3分の1までと決まっています。おそらくほとんどの方は、キャッシングできる条件はクリアしていると思います。
キャッシングをするときには、その人に貸しても問題がないかを必ず審査をします。それで貸しても問題ないという場合に、キャッシングができるというわけですね。審査が必要な場合というのは、キャッシング会社や金融機関などの無人契約機や直接店舗に訪れる場合です。もし、あなたのクレジットカードやキャッシュカードにキャッシングの機能がついている場合には、実はカード発行時に審査などをしているため、提携先のATMでキャッシングすることがスグにできます。キャッシングは難しくない、簡単ではあるければ、その便利さや簡単さに負けて、次から次へとキャッシングしないように注意してくださいね。